堀内 元

バレエティーチャーズ・セミナー 再び開催決定!

日本人で初めてNYCBのプリンシパルとなり、
現在アメリカ・セントルイスバレエ芸術監督である堀内元が、
自らの半世紀に渡るバレエ人生のなかで培ってきた
“バレエの教え方”を伝授するセミナー!

堀内元が、芸術監督としてだけではなく、50歳を過ぎてもなおプリンシパルダンサーとして第一線で活躍していられるのはなぜか? 靭帯損傷、断絶、3度の手術と怪我を克服し、今も現役で舞台に立ち、踊り続けているその秘訣は、日々のレッスン、トレーニング、そして物事の捉え方にあります。日本では見過ごされがちな重要なポイントです。実践の場と経験から生まれた、最も大事な “教授法” を根本から余すところなく学んでいただくセミナーです。2019年夏の開催以来、早くも再度開かれることとなりました。この機会にぜひ、体験してください。

  • 小学校高学年から大人まで、実はどんな年齢の生徒にも共通する“教え方”がある!
  • 飛躍的に成長させるため、重点を置くのはココ!
  • 効率的なクラスの流れ~順番、コンビネーションの組み方
  • ケガの対処 ~ 予防の重要性、対応次第でこんなに違う!
  • 日々のレッスンは “喜びと安心” そして “自分との対話”
    など
【対象】 バレエ教師 および バレエ教師を目指す人 男女・年齢不問
(今回初めてご参加の方のみ、お受け致します)
【日程】 2020年2月20日(木)、21日(金)
【会場】 バレエスタジオHORIUCHI (東京・西麻布)
【受講料】 2日間料金 30,000円 + 消費税 (テキスト、サンプルCD代含む)
【募集人員】 12名予定(最少催行人数5名)
【内容】 13:30-14:45 クラスレッスン(実際のレッスン形式)
15:45-15:45 講義(座学 )